車のオークション出品代行 – カーオク

自動車のバッテリー上りと充電方法まとめ

      2020/01/22

自動車のバッテリー上りと充電方法まとめ

車のバッテリーの寿命は、2~3年ほどです。バッテリーは、個体差が多いのと車の使い方によって寿命にかなりの差が出てきます。

1週間に1~2日くらいで短時間・短距離の近所の買い物でしか使用しないと、バッテリーに満足な充電が出来ません。この状態で、エアコンを頻繁に使うような夏になるとバッテリーが上がってしまいます。通勤などで、毎日ある程度の時間と距離を走行する車のほうがバッテリーは良い状態が保てるのです。

月に一度くらいは、ボンネットをあけバッテリー液が減っていないかどうか確かめるよう、オイルやウオッシャー液の確認などとあわせておこなう癖をつけるとよいでしょう。

バッテリーが、上がる原因

①ランプ類の付けっぱなし
ヘッドライト・テールランプ・ハザードランプのつけっ放し。半ドアやトランクが閉まっていなかったことにより室内灯やトランク内ランプがつけっぱなし。普通自動車でエンジンをかけないでハザードランプをつけっぱなしにすると2~3時間でバッテリーが上がってしまいます。

②バッテリーの寿命
ランプ類のつけっぱなしがなくても、バッテリーの寿命によりバッテリーが上がります。バッテリーが寿命かどうかは、テスターで電圧を計ったり比重計で計れば数値的にわかります。

電圧の場合は、良好であれば12.5~13Vです。12Vを切って11V前半の電圧しかないとスターターもかけられないかもしれません。充電器で充電した後の電圧が12V以上であれば、まだ十分使えます
比重を計ることで、残存電気量が分かります。ガソリンスタンドやカーショップで比重を計ってもらうのがよいでしょう。
比重計で測定した結果、バッテリーが満充電の場合は比重 1.280 なら、残存電気量–100%
比重 1.180 なら、残存電気量– 50%で、比重 1.130 なら、残存電気量– 25%比重 1.080 なら残存電気量– 0%

CCAテスターで、計測するとデジタルで簡単に良好・要充電・バッテリー不良などバッテリーの状態が表示されるので簡単に分かります。

比重やCCAテスターの測定は、カーショップやガソリンスタンドなどで頼めばやってもらえます。

比重は、バッテリー液が補充できるタイプで測定出来ます。メンテナンスフリーのバッテリーではバッテリー液から比重を計ることが出来ません。しかし、メンテナンスフリーバッテリーにはバッテリー状態を知らせるインジケーターが付いていることが多いのでこれで確認すればOKでしょう。

車のバッテリーの充電

バッテリーが完全に放電したり、ライトが暗くなったりスターターの回りが弱くなった場合は充電する必要があります。
車のバッテリーには、開放型バッテリー(補水可能タイプ)密閉型バッテリー(補水不可タイプ:MFバッテリー)の2つがあります。充電器を購入する時は、どちらのバッテリーでも使えるものを選びましょう。カーショップなどで約3000円くらいから販売されています。

バッテリーの充電のやり方は、まず充電する車のバッテリーを取外します。開放型バッテリー(補水可能タイプ)の場合は、バッテリー液を補充します。充電中に水素ガスと酸素ガスが発生するので屋外で充電するのがよいでしょう。隙間風が入るような車庫なら問題ありませんが密閉性が高い車庫ではガスが原因で事故になりかねないので注意が必要です。

充電器のつなぎ方は、バッテリーのプラス側に赤いクリップ(プラス)をつなぎ、バッテリーのマイナス側に黒いクリップ(マイナス)をつなぎます。次に充電器のACプラグをコンセントにつなげば充電が開始されます。この時、充電中の確認ランプがつけばOKです。充電完了ランプになれば充電完了。外す時は、充電する時の逆の順番ではずしましょう。

バッテリーの寿命が近いと、充電器で充電しても満充電されなかったり、すぐバッテリー上りしてしまうのはもはや寿命を迎えています。その場合は、新品バッテリーに交換しなくてはいけません。

バッテリーの規格

バッテリーには「75 D 23R」などの記号が、印字されています。75は、性能を表していて数字がおおきくなるほど容量が大きく高性能なバッテリーです。次のアルファベットのDは、バッテリーの端側面サイズを表すものでA~Hまであります。次の23は、バッテリー長側面の長さをあらわしています。23はバッテリー長側面の長さが23cmのことです。最後のアルファベットは、端子の位置を表していてRとLがあります。

購入する時は、バッテリー番号をメモってカーショップなどで適合するバッテリーを探しましょう。あまりにも規格が違うバッテリーでは、バッテリーケースに収まらなかったりバッテリーの能力不足ですぐにバッテリーが上がってしまうトラブルにもなります。

バッテリーの価格は、約3000~2万円までと規格によって違います。まぁ、軽自動車用は小さく大排気量の乗用車ほど大きなバッテリーを搭載しているのが普通です。

バッテリー選びで分からないときは、店員さんに相談して決めるのがよいでしょう。バッテリー交換をカーショップに頼むと工賃は、約500~1000円でしょうか。不要になったバッテリーの処分など、カーショップでバッテリー交換を頼めば無料でやってもらえるので自分でバッテリーを処分出来ない人にはお勧めですね。

automotive technician charging vehicle battery

お車の売却・査定ならカーオクにお任せ下さい!

お車の売却・査定ならカーオク

あなたの愛車を高く売るなら車専門オークション代行のカーオク

 - お手入れ , , , , ,

自動車のバッテリー上りと充電方法まとめ

車を1円でも高く売るなら、ヤフオク出品代行のバイオク。愛車をご自身の納得のいく価格で売却!手続きや輸送等もカーオクがサポート!バイオク利用者の【98.9%】は、バイオクを通しての売却価格満足しています!

カーオクトップ バイオク

Copyright© 車のオークション出品代行 – カーオク , 2019 All Rights Reserved.